法によるキャッシングとカードローンの限度額の違い

キャッシングやカードローンには利用者それぞれに利用限度額が設定されています。この数字については利用者の年収などが考慮され、返済能力に見合った金額が設定されるようになっています。特に初めて利用したような人の場合にはしばらくの間は設定される数字は低いものになっています。
また、キャッシングやカードローンの限度額については、各消費者金融や銀行が独自に設定しているものだけではなく、法律によって決められているものもあります。
一時期、社会的な問題となったものとして多重債務者の増加や自己破産者の増加がありましたが、このことに歯止めを掛ける目的として消費者金融や信販会社などを対象とした貸金業法が改正されることになりました。そこで新しく設けられたのが貸金業者が利用者に対して融資を行える金額の上限を定めた総量規制です。
総量規制が設けられたことで、キャッシングやクレジットカードの利用者は、自分自身の年収の三分の一までしか利用できないようになったのです。